ペニス増大とPSAと抜け毛の関係性

PSAとはprostate specific antigenの略称です。その意味としては前立腺液に含まれるたんぱく質分解酵素量のことを指します。数値が高くなると前立腺に何かしらの異常をきたしており、それが起因して高値を示すことが多いです。そのためPSAは前立腺異常の指標ともされています。またそれはペニスとも密に関わっていることで注目を集めています。ペニスは男性器であり、その大きさがその人の自身やプライドにも左右します。しかし先天的に小さいという方も多いため、ペニス増大に向けた治療も良くされています。その一つにサプリメントやホルモン治療など、他にも数多くの方法が存在し用いられています。ペニス増大に伴い男性ホルモンの量や写生の頻度にも大きく関わってきます。まず射精の頻度が増えることで前立腺の活動も亢進します。適度な頻度であれば問題ありませんが、過剰に行うことで前立腺に炎症をきたしてしまうというケースも報告されています。その結果前立腺周囲の組織壁が脆弱になり、結果的にPSAが流出してしまうということもあります。また射精頻度が増すにつれて男子絵ホルモンの分泌量も増していきます。それに伴いAGAと呼ばれる男性ホルモン由来の薄毛・抜け毛が進行してしまう可能性も十分にあります。薄毛・抜け毛は様々な要因で発生してしまい、男性ホルモンのように先天的な要因や他の後天的要因など多種多様に存在します。そのため関連性のないように思える部分から薄毛・抜け毛が進行してしまうこともあります。身体は様々な要素が絡み合って維持・活動されています。そのどれか一つが支障をきたすと連続的に他の部位にもかかわってきます。今回のようにペニス増大治療から起こるPSA高値や薄毛・抜け毛に至るケースもその例と言えます。